破産者が融資を受けることは出来るのか

新規の融資を受けたいけれど破産者である場合、まずは情報を集めることが重要です。自己破産の申請をすると、信用情報機関に情報が残ります。今まで、ローンの返済にトラブルを起こしたことがないかを、金融会社は信用情報会社から調べています。一般的に、金融会社は自己破産の経験がある人は返済能力が低いと判断し、融資を断ってきます。ただし、信用情報会社が管理している自己破産の情報は永久ではなく、5年~10年程度で記録は消去されます。つまり、信用情報会社の情報が消去されていば、金融機関への新規融資は問題なく受けられるわけです。10年は長い期間ですから、信用情報会社が情報管理中でも、何とかして金融会社から融資を受けられないかと思うこともあります。場合によっては、破産者の情報が残っていても、融資が受けられることがあります。一般的に、銀行や、有名どころの消費者金融会社は、破産者に対しては、新たな融資をすることはありません。破産者でも融資をしてくれる金融機関を探すなら、中小規模の消費者金融会社が狙い目となります。ただし、規模の小さい消費者金融会社は大々的な宣伝をしていないので、情報をこちらから収集する必要があります。ただし、破産者の立場につけ込んで、高金利の貸し付けを行ってくるような非合法な金融会社もありますので、安心して借りられるところを探しましょう。

自宅でもここまでできる
パールホワイトプロEX
歯を白く・虫歯・口臭予防のホワイトニングジェル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です